LOADING
日本トリム 電解水素水と暮らしのウェブサイト トリムタウン

Healthy Recipe 野菜たっぷり
チーズ鍋

野菜をたっぷり使った色鮮やかなお鍋です。
締めにご飯やパスタを入れて二度美味しくいただけます。

  • 作り方

    1

    「豚肉のキャベツ巻き」と「野菜巻き」を作る(作り方は下記参照)。

    2

    豚肉のキャベツ巻きを留めている楊枝をはずし、半分に切る。カマンベールチーズを4つに切る。パセリをみじん切りにする。

    3

    鍋に電解水素水とコンソメスープの素、塩を入れて火にかけ、煮立ったら❶の豚肉のキャベツ巻きと、野菜巻きを入れて煮る。

    4

    材料に火が通ったら❷のカマンベールチーズを加え、チーズからとろみが出たら火を止めて、❷のパセリを散らす。

    手作り具材<豚肉のキャベツ巻き>

    1

    キャベツはたっぷりの電解水素水(分量外)でさっとゆでて、粗熱を取る。一度にゆでられない時は、何回かに分ける。

    2

    ❶のキャベツ6枚のうちの2枚は半分に切る。玉ねぎは薄切りにする。

    3

    芯が厚い場合は、そぎ切りにして、切り落とした芯は細切りにする。

    4

    ❶のキャベツを1枚ずつ広げて、キャベツ1枚に対して豚ロース薄切り肉2枚をのせ、塩、こしょうする。

    5

    ❹の上に、❷のキャベツ(半分のもの)をのせる。

    6

    薄切りにした玉ねぎと、❸で細切りにした芯をのせ、キャベツの両側を織り込みながら巻く。

    7

    巻き終わりを楊枝で留める。残りも同様に作る。

    ※余ったキャベツ巻きは冷凍で約3~4週間保存できる。(厚手のジッパー付き保存袋などに入れて、空気をできるだけ抜いて保存)

    手作り具材<野菜巻き>

    1

    電解水素水(分量外)を沸騰させた鍋で、白菜を芯の方からゆでる。ざるにあげて粗熱を取る。

    2

    ❶の鍋にほうれん草を根の方から入れてさっとゆで、冷水にとって水けを絞る。

    3

    にんじんは棒状に切り、電解水素水(分量外)を沸騰させた鍋でゆでる。

    4

    巻きすに白菜の葉2枚を広げ、その上に❷と❸を均等になるように並べる。

    5

    具材がバラバラになりやすいので、力を入れながら堅く巻いていく。

    6

    巻きすごと、しっかりと水けを絞り出す。

    7

    巻きすをはずし、6等分になるように楊枝を刺し、その間を切っていく。

    ※余った野菜巻きは冷凍で約1か月保存できる。(厚手のジッパー付き保存袋などに入れて、空気をできるだけ抜いて保存)

  • 材料(2人分)

    豚肉のキャベツ巻き 2個
    野菜巻き 4個
    カマンベールチーズ 1/2個(50g)
    パセリ 1枝分
    電解水素水 600ml
    コンソメスープの素 大さじ1/2
    小さじ1/2

    <豚肉のキャベツ巻き(4個分)>

    キャベツ 6枚(360g)
    豚ロース薄切り肉 8枚(160g)
    玉ねぎ(薄切り) 1/4個(40g)
    塩、こしょう 少々
    楊枝 4本

    <野菜巻き(6個分)>

    白菜 2枚(160g)
    ほうれん草 1/2束(100g)
    にんじん 1/4本(40g)
    楊枝 6本

Point

  • ・とろりと溶けたチーズで、よりコクのあるだしになります。
    締めにご飯を入れてリゾット風にしたり、ゆでたパスタを入れてスープパスタ風にしても楽しめます。
  • ・電解水素水で煮込むことで、素材の旨みを引き出します。

料理研究家・管理栄養士
金丸絵里加先生監修

「おいしい!」と顔がほころぶような、毎日食べても飽きない「お家ごはん」を提案。健康的な食生活のために、栄養価も考えた料理レシピを書籍、雑誌、テレビなどで紹介。著書に、『コンロ1 つで自炊Lesson』(¥1,296 主婦の友社)、『具たっぷりのおかずみそ汁』(¥1,296 東京書店)、他。

本ウェブサイトでは、サービスの品質維持・向上を目的として、Cookieを使用しています。
個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーをご確認ください。